教育ICT用語

農業・水産など専門的知識を学ぶH28年度「SPH」指定校の公募開始

教育・受験 高校生

スーパー・プロフェッショナル・ハイスクールの概要
  • スーパー・プロフェッショナル・ハイスクールの概要
  • 平成27年度の指定校
  • 山形県加茂水産高校の研究構想
 文部科学省は平成28年度の「スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール」の公募を開始した。高度な知識や技術を身に付けた専門的職業人を育成するため、大学や研究機関などと連携した取組みを行う。平成27年度は水産や農業学科のある高校10校が指定されている。

 「スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール」は、先進的で卓越した取組みを行う専門高校(農業・工業・商業・水産・家庭・看護・情報・福祉の8学科)を指定する事業。期間は3年、専攻科を含める場合は最大5年間とする。

 指定校は企業等から実践的な技術指導を受けるほか、大学や高等専門学校、研究機関等から講座の実施や最先端の研究指導の協力を得る。指定校を中心に専門高校全体の底上げや地域活性化を図り、社会の第一線で活躍できる専門的職業人の育成を行う。

 「スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール」は1月25日から平成28年度の公募を開始。指定申請書に記載された研究開発計画の内容を審査し、適切と認められた場合はスーパー・プロフェッショナル・ハイスクールに指定される。指定学校数は8~10校程度。1校あたりの初年度の委託費は800~1,000万円程度が上限となる。締切りは2月22日午後6時必着。

 平成27年度に指定された山形県の加茂水産高校は、「海を 活かす 守る 興す 人づくり」と題して、中型実習船「鳥海丸」を効果的に活用し、地域に貢献するための水産教育を実践。高等専門学校で窒素氷による鮮度保持の実験や効果を学ぶなどしている。
《田中志実》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック