教育ICT用語

日本初、KDDIが通話できる子ども用腕時計「mamorino Watch」発売

デジタル生活 未就学児

「mamorino Watch」 使用イメージ
  • 「mamorino Watch」 使用イメージ
  • 「mamorino Watch」製品画像 左から順に「アクアピンク」「スペースブルー」「ライムグリーン」
  • アクアピンク
  • スペースブルー
  • ライムグリーン
  • ペンダント型 イメージ
 KDDIと沖縄セルラーは2月4日、au携帯電話の新ラインアップとして子どもの安全と保護者の安心をサポートするキッズウォッチ「mamorino Watch(マモリーノウォッチ)」を発表した。通話ができる子ども用デジタルウォッチの発売は国内初。発売は3月下旬を見込む。

 「mamorino Watch(マモリーノウォッチ)」は、保護者と離れて行動する子どもが気軽に身につけられるよう、腕時計型に設計された通話のできるキッズウォッチ。音声通話機能が子ども用の腕時計に搭載されたのは国内で初めて。

 通話に留まらず、マモリーノウォッチはSNS(メッセージ)送受信機能も備える。通話とSNS送受信のやりとりはいずれも、あらかじめ設定した相手のみと行える。通信機能に加え、本体には「防犯ブザー」機能や保護者が利用する専用アプリと連動する「はなれたらアラーム」機能も搭載した。通話やSMSのほか、はなれたらアラームなどの一部機能は保護者のスマートフォンとマモリーノウォッチをペアリングする専用アプリ「mamorino Watchナビ」の利用が必要。

 マモリーノウォッチは防水・防塵・耐衝撃対応。また、利用シーンにあわせて使い分けができるよう、付属品とあわせてペンダント型にもできる仕様となっている。常に身につけて持たせたい場合は腕時計として、通学・通塾の際にはカバンやリュック、ランドセルなどにペンダントとしてぶら下げられる。

 発売は2016年3月下旬。auショップやauオンラインショップ、KDDI直営店で取り扱う。カラーは「アクアピンク」「スペースブルー」「ライムグリーン」の3色。
《佐藤亜希》

編集部おすすめの記事

特集

page top