教育ICT用語

明大記念図書館、戦争と戦後を考える漫画企画展2/11-6/5

趣味・娯楽 その他

 明治大学米沢嘉博記念図書館(東京都千代田区)は、企画展「マンガと戦争展 6つの視点と3人の原画から+α」を2月11日より開催している。会期は6月5日までで、入場無料。

 「マンガと戦争展 6つの視点と3人の原画から+α」は、戦後70年となる2015年に京都国際マンガミュージアムで開催された展示の巡回展。「原爆」「特攻」「満州」「沖縄」「戦中派の声」「マンガの役割」という6つの視点から選んだ24の戦争マンガ作品をパネルと関連資料で紹介し、その背景を解説するというもの。

 また、新しい視点と表現で戦争マンガを描いている、こうの史代氏・おざわゆき氏・今日マチ子氏の原画を3期に分けて展示するコーナーも設置されている。米沢嘉博記念図書館オリジナル「+α」(プラスアルファ)企画として、西島大介氏の原画を4期目に追加展示し、戦争と戦後を考えるための視点を提示するという。

 企画展への入場は無料。このほかにも、トークイベントの開催が予定されている。3月18日は京都精華大学マンガ学部教授の吉村和真氏と明治大学国際日本学部准教授の宮本大人氏による「僕たちの好きな戦争マンガ」、4月16日はマンガ家のおざわゆき氏・こうの史代氏による「はだしのげんをたのしむ(仮)」。参加には会員登録が必要(1日会員300円から)。詳細は後日Webサイトやツイッターで告知される。

◆マンガと戦争展 6つの視点と3人の原画から+α
展示期間:2月11日(木祝)~6月5日(日)
会場:明治大学米沢嘉博記念図書館 1階展示室(東京都千代田区猿楽町)
開館時間:月・金14:00~20:00、土日祝12:00~18:00(火水木は休館)
料金:入場無料
※「西島大介トークイベント」のみ有料
《森井ゆか》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)