教育ICT用語

こぐま会のKUNOメソッドを体験、考える力を育てる幼児教育3/13

教育・受験 未就学児

こぐまなびプロジェクト
  • こぐまなびプロジェクト
  • 3月13日 幼児教育イベント 登壇者
 こぐまなびプロジェクトは3月13日、2歳から6歳の子どもを持つ保護者をおもな対象とした幼児教育イベント「これから始まる教育改革と幼児教育~“考える力”を育てる幼児教育とは?~」を開催する。定員は150人。

 「こぐまなびプロジェクト」は、独自の学習方法「KUNOメソッド」を実践し東京都内で幼児教室を展開する「こぐま会」と、アニメーション制作会社P.A.WORKSが協働で実施するプロジェクト。3月13日には、KUNOメソッドとはどのような教育かを体験できる幼児教育イベントを開催する。

 開催場所はTKPガーデンシティ御茶ノ水。当日はこぐま会の久野泰可代表が登壇し、「これから日本はこんなに変わる!?」「教育改革は何が変わるの?」「教育を取り巻く環境の変化」などをテーマにしたトークセッションを行う。

 トークセッションには、森村学園中等部・高等部の林宏之教頭も登壇予定。「森村学園の『世界に通ずるコミュニケーションスキル教育』」と題し、教育改革に向けた取組みや今後の幼児教育の方向性のほか、グローバル社会を生き抜くのに不可欠な「ランゲージアーツ(言語技術)」について講演する。

 トークセッション後には、参加者もKUNOメソッドを体感できる「KUNOメソッド体験セッション」を実施予定。体験セッションは「3段階学習法を体験してみよう!」「壇上で一緒に体験!」「自席でも簡易体験!」の3つを実施する。

 参加は無料だが、3月12日まで事前にこぐまなびプロジェクトWebサイトの応募フォームから申し込む。定員は150人で、2歳から6歳の子どもを持つ保護者やグローバル教育に興味のある者、幼児教育関係者の参加を受け付ける。家族での参加も可能。詳細はこぐまなびプロジェクトWebサイト「幼児教育イベント開催のお知らせ」で閲覧できる。

◆何が変わるの?これから始まる教育改革と幼児教育
~"考える力”を育てる幼児教育とは?~
日時:3月13日(日)14:00~16:00
場所:TKPガーデンシティ御茶ノ水(東京都千代田区神田駿河台3丁目11-1三井住友海上駿河台新館2・3F)
料金:無料
定員:150名
申込み方法:Webサイトの応募フォームから申し込む
申込み期限:3月12日(土)
対象:2歳から6歳の子どもを持つ保護者、グローバル教育に興味のある者、幼児教育関係者
《佐藤亜希》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)