教育ICT用語

絵本や写真集ずらり、東京都人権企画展「世界とつながる50冊」

趣味・娯楽 その他

 東京都人権プラザは、本を通して人権について考える企画展「読む人権 じんけんのほん 世界とつながる50冊」を4月2日~7月31日の期間、無料開催する。絵本や写真集、コミックなど約50冊の本をテーマごとに展示・紹介する。

 「読む人権 じんけんのほん」は、今回で6回目を迎える企画展。今回は「多文化共生」をテーマに開催する。現在東京にはさまざまな民族・宗教・文化的背景を持った人々がともに暮らしており、グローバル都市としてますます発展していく中、多様な文化や生活習慣への理解を深め多様性を尊重することで、それぞれの違いに寛容な社会の実現につながるという。

 今回の企画展示では、「世界」「暮らし」「ことば」「宗教」など、多文化理解の手がかりとなる本を親しみやすく気軽に手に取れるよう、絵本・写真集・コミックなどのビジュアルブックから約50タイトル選んでテーマごとに展示。世界とつながる「多文化共生」とはどのようなことか、本を通して考える機会を提供する。

 開催期間は4月2日~7月31日。会期中は無休で開催しており、入場料も無料。子どもから大人まで誰でも気軽に楽しめる展示だ。

◆読む人権 じんけんのほん 世界とつながる50冊
期間:4月2日(土)~7月31日(日) 会期中無休
時間:9:00~17:00
会場:東京都人権プラザ 第2展示室
入場料:無料
《畑山望》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック