教育ICT用語

チェンバロ体験やお囃子講座ほか多数、東京藝大で公開講座

教育イベント 小学生

東京藝術大学
  • 東京藝術大学
  • 平成28年度東京藝術大学公開講座の概要
  • 平成28年度東京藝術大学公開講座(一部)
  • 平成28年度東京藝術大学公開講座(一部)
 東京藝術大学は3月16日、平成28年度東京藝術大学公開講座の情報を掲載した。広く一般を対象とした公開講座だが、小中高生のためのチェンバロ体験教室、おとあそび親子教室など、子どもを対象とした講座も開かれる。多くの講座は4月1日から申込みを受け付ける。

 公開講座は、藝大の教育、研究を広く社会に開放し、一般の芸術に関する教養を高め、芸術文化の向上に資することを目的に実施。藝大の3つのキャンパス(上野、取手、千住)にて、陶芸・油画・彫刻やお囃子・声楽など、さまざまな講座を行う。

 講座の対象は「市民一般」となっているが、子どもおよびその保護者を対象としたものもある。小中学生とその保護者対象の「みんなでつくる木工作」(講習料21,500円/教材費別途2,500円)、小中高生対象の「小中高生のためのチェンバロ教室」(講習料8,500円)、小学校3年生から高校3年生対象の「小中高生のための初めてのお囃子」(講習料12,000円)、幼児とその保護者対象の「おとあそび親子教室」(講習料14,400円/子どもが2人の場合2,500円加算)など。中学生以上から受講できるものや、芸術大学に進学希望の高校生以上を対象とした講座などもある。

 受講講座の全期間を受けることが必須で、たとえば3日間の講座を1日だけ受講するなどは不可。申込みは郵送またはインターネットから申し込むことができる。申込み人数が定員を超えた場合は抽選、最少開講人数に満たない場合は開講しない。

 各講座の日程、詳しい受講条件、講習料などは「平成28年度 東京藝術大学公開講座実施要項」に掲載されている。申込み用紙、実施要項は、東京藝術大学にて配布されているほか、郵送、Webサイトからのダウンロードで入手できる。

◆平成28年度東京藝術大学公開講座
対象:講座により異なるが、学歴、性別は問わない。受講講座の全期間を受講することが必須
実施場所:東京藝術大学上野キャンパス(東京都台東区)・取手キャンパス(茨城県取手市)・千住キャンパス(東京都足立区)
講習料:講座により異なる
実施要項の入手方法:東京藝術大学にて配布しているほか、郵送、Webサイトからのダウンロードにて入手できる
申込方法:郵送またはインターネットから申し込む。申込期間などは実施要項にて確認できる
《黄金崎綾乃》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック