リセマム6周年

国内モバイルデバイス市場、PC減退で2015年はマイナス成長

デジタル生活 その他

 IDC Japanは3月22日、「2016年国内モバイルデバイス市場予測」を発表した。2015年の国内モバイルデバイス市場出荷台数は、前年比8.1%減の4,792万台。2016年は、デタッチャブルタブレットの出荷増がパソコン市場減退を補足し、前年比8.2%減の4,401万台と予測されている。

 2015年の国内モバイルデバイス出荷台数は、前年比8.1%減の4,792万台。このうち、スマートフォン市場は、従来型携帯電話からの移行が進み、前年比3.6%増のプラス成長となった。タブレット市場は、通信事業者向けの出荷やB2B2Cなどの案件によって、前年比1.5%増にとどまった。

 一方、パソコン市場は、2014年のWindows XPサポート終了に伴う特需の反動の継続、円安に伴う平均価格上昇の影響から、買い替えサイクルが長期化。前年比31.4%の大幅減となり、国内モバイルデバイス市場のマイナス成長に影響を与えた。

 2016年の国内モバイルデバイス市場は、前年比8.2%減の4,401万台の予測。スマートフォン市場は、総務省の要請によるスマートフォンの実質0円販売の廃止により、出荷が減退する可能性が高く、前年比4.7%減の2,620万台と予測。パソコン市場は、パソコン買い替えサイクルが長期化する可能性が高く、家庭市場では2015年同様にパソコン購買を促進する要素が少ない状態が続くとの予想から、前年比8.5%減の965万台と、出荷台数が1,000万台を切ると予測されている。

 タブレット市場は、学校関連を中心にビジネス市場で導入が進む一方、家庭市場ではキラーアプリケーション不在の状況や大型スマートフォンとの競合から、前年比17.3%減の687万台の予測。キーボード脱着が可能なデタッチャブルタブレットが、2016年以降もWindowsに加え、iPad ProやAndroidベースの製品が増加すると予想されている。

 パソコンとデタッチャブルタブレットを合算した出荷台数は、2015年の約1,180万台に対し、2016年は約1,130万台。デタッチャブルタブレットによって、パソコンの出荷減少が補足されると予測されている。

 IDC Japanの浅野浩寿氏(PC・携帯端末&クライアントソリューション シニアマーケットアナリスト)は、「2016年も市場はマイナス成長が続くとみている」としたうえで、「2018年以降は従来型携帯電話のチップ生産終了に伴うスマートフォンへの移行や、特定用途向けタブレット、2020年のWindows 7サポート終了に向けたパソコン買い替え需要によって市場は拡大していくと予測している」と述べている。

 詳細については、IDC Japanが発行した「国内モバイルデバイス市場 2015年第4四半期の分析と2016年~2020年の予測」で報告されている。
《奥山直美》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)