私大の初年度納付金は平均131万円、医学部は486万円

教育・受験 高校生

初年度学生納付金の調査結果概要
  • 初年度学生納付金の調査結果概要
  • 初年度学生納付金平均額(学部系統別)
  • 授業料、入学料および施設設備費の状況
 文部科学省は12月27日、私立大学における平成26年度入学者の学生納付金について調査結果を公表した。私立大学(学部)の授業料は前年度比0.5%増の86万4,384円、初年度学生納付金は前年度比0.1%減の131万1,644円であった。

 学生納付金に関する調査は、日本私立学校振興・共済事業団よりデータの提供を受け、私立大学と私立短期大学、私立高等専門学校の昼間部における初年度学生納付金についてまとめたもの。調査学校数は、私立大学578大学、私立短期大学316大学、私立高等専門学校3校。平均額は、平成26年度入学定員を用いて加重平均している。

 私立大学(学部)の納付金平均額(定員1人あたり)は、授業料が前年度比0.5%増の86万4,384円、初年度学生納付金(授業料、入学料、施設設備費の合計)は前年度比0.1%減の131万1,644円、実験実習料などを含めた初年度に納める総計は143万4,996円であった。

 初年度学生納付金平均額を学部系統別にみると、「医」が486万960円ともっとも高く、「歯」418万8,745円、「薬」206万4,036円、「芸術」165万1,260円、「保健」150万5,356円などが続き、もっとも安いのは「神・仏教」110万7,764円であった。

 また、前年度と比べて増額したのは、「農・獣医」1.6%、「体育」0.9%、「神・仏教」0.8%、「理・工」0.6%、「法・商・経」0.1%。そのほかの学部では減額となった。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)