高校生や東大生も参加、親子アートワークショップ…赤レンガ倉庫1/8

趣味・娯楽 未就学児

親子で楽しめる「エコ・アートワークショップ蜜蝋クレヨンぬり絵と竹紙で創る折紙」
  • 親子で楽しめる「エコ・アートワークショップ蜜蝋クレヨンぬり絵と竹紙で創る折紙」
  • 竹紙にプリントしたぬり絵に、蜜蝋クレヨンを使って色を付けていく
  • 「現代折紙」という新ジャンルの折紙に挑戦
  • アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫「原画展&横浜平沼高校美術部展」も開催
  • アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫
 横浜赤レンガ倉庫1号館では1月8日、親子で楽しめる「エコ・アートワークショップ蜜蝋クレヨンぬり絵と竹紙で創る折紙」が開催される。料金は各300円。当日、横浜赤レンガ倉庫1号館1階の受付で時間指定のチケットを購入する。

 エコ・アートワークショップは、アートリンクのアートを担当した横浜平沼高校美術部が講師を担当。日本の竹100%を原材料とした「竹紙」と、ミツバチが巣づくりのために出す天然ロウで作られた「蜜蝋クレヨン」を使って、エコロジーなワークショップを行う。

 「ぬり絵」のワークショップでは、竹紙に横浜平沼高校美術部が作成したオリジナルぬり絵をプリント。蜜蝋クレヨンや色鉛筆で色を付けていく。蜜蝋クレヨンは、透明感があり発色が良いので、色を重ねて新しい色を作ることもできる。また、石油由来の原料を使っておらず、クレヨンよりも硬めで折れにくいため、小さな子どもでも安心して使えるという。

 「折紙」のワークショップには、東京大学の折紙サークル「Orist」が協力。竹紙を使ったオリジナル折紙で、「現代折紙」という新しいジャンルの折紙に挑戦できる。難易度の異なる折図から選べ、造形はもちろん、紙にもこだわったアート作品を作ることができるので、大人も楽しめるという。

 横浜赤レンガ倉庫のイベント広場では2月19日までの期間、「日本の四季」をテーマに演出された「アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」も開催。さらに、1月7日~26日の期間にはアートリンクを演出した横浜平沼高校美術部の作品やアートリンクの原画展示も行われる。

◆エコ・アートワークショップ蜜蝋クレヨンぬり絵と竹紙で創る折紙
日時:2017年1月8日(日)10:10~15:00頃まで ※材料がなくなり次第終了
会場:横浜赤レンガ倉庫1号館1階スポットB ※1階受付横
参加方法:当日、受付にて時間指定のチケットを購入する ※数に限りがある
料金:
ぬり絵(1席)300円/1回約8席 所要時間約15分
折紙(1席)300円/1回約8席 所要時間約20分
問合せ先:横浜市芸術文化振興財団

◆アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫「原画展&横浜平沼高校美術部展」
日時:2017年1月7日(土)~26日(日)10:00~19:00
会場:横浜赤レンガ倉庫1号館1階スポットB
入場料:無料

◆アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫
日時:開催中~2017年2月19日(日)平日13:00~22:00/土日祝11:00~22:00
会場:横浜赤レンガ倉庫イベント広場
料金:大人(高校生以上)500円、小人(小中学生)400円、幼児(3歳以上)300円、付添い観覧料200円、貸靴料500円、コインロッカー100円~
※天候不順(雨・雪・強風など)や氷の状態などにより、予告なしに開催を中止する場合もある。最新の開催情報はtwitterや電話で確認できる
問合せ先:横浜赤レンガ倉庫1号館

※編集部注:アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫「原画展&横浜平沼高校美術部展」について、開催期間が22日(日)までだったところ、期間延長に伴い26日(木)までに修正しました。1月17日午後2時37分
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)