リセマム6周年

出会い目的は許しません…GREEがサイト健全性向上の取り組みを強化

デジタル生活 インターネット

 ソーシャルネットワーキングサービス「GREE」を運営するグリーは10月18日、サイトの健全性向上と青少年の保護・健全育成に向けた取り組みを強化すると発表した。

 GREEでは、これまでにも24時間のサイトパトロール体制を敷き、日記やメール、コミュニティの書き込みなどを監視。また、年齢別にサイト機能の利用に制限を設けたり、テレビCMを含めサイト内外で青少年へ向けたサイトの健全な利用をうながす啓発活動を行ってきた。

 さらに今月から実施される強化策として以下を発表している。

◆サイトパトロールの強化
・面識のない異性との出会いなどを目的とした利用・投稿への監視を強化
・個人情報を含む投稿や「GREE」内のメールの送受信に対するペナルティ水準の引き上げ
・プロフィール、日記、コミュニティなどの各種検索機能において、不適切な単語を検索対象から除外

◆年齢別の機能制限の強化
・面識のない異性との出会いなどを防止するため、メール送信において年齢別の利用制限を強化・細分化
・18歳未満に対して友だち希望を行う際のメール内容を定型文に限定
・青少年の保護・健全育成を目的として、利用年齢の詐称を防止するため、登録した生年月日の変更を制限

 中高生の間にソーシャルネットワーキングサービスの利用が広まり、「出会い系サイト」代わりに利用される事件が社会問題化している。未成年が安心して利用できる健全なサイト運営が行われているかどうかは、親の立場からも目を光らせておきたいところだ。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)