リセマム6周年

高学歴芸人ロザンと共同開発…表紙がはずれて分度器になる「スイング・ロジカルノート」

教育・受験 その他

スイング・ロジカルスケールノート
  • スイング・ロジカルスケールノート
 ナカバヤシは、表紙をはずして定規や分度器として使える「スイング・ロジカルスケールノート」を11月に発売する。

 ノートはリング式で、ポリプロピレン製の表紙には目盛りや分度器が印刷されており、ノート本体からはずして使うことができる。また、B5、A5サイズの表紙には抜き加工で数種類の正円があり、コンパスなしでも円を描くことができるようになっている。

 同商品は、高学歴芸人として知られるロザンと共同開発したもの。本文罫に補助線を入れるなど、記入しやすくあとで見やすいノートにするための工夫がされている。サイズはA6、A5、B5の3種類。
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)