リセマム6周年

KDDIの秋冬モデル3機種…1,410万画素で超高感度撮影対応機種ほか

デジタル生活 モバイル

 KDDIは2日、iidaブランドの「X-RAY」、「AQUOS SHOT SH010」(シャープ製)、「BRAVIA Phone S005」(ソニー・エリクソン製)を5日より全国の各地域にて順次発売すると発表した。

 「X-RAY」は、デザイナーの吉岡徳仁氏が手掛けた初のiidaブランド端末。吉岡氏が端末のコンセプトをKDDIに説明する際に、実際に携帯電話のレントゲン写真を見せて、プレゼンを行ったという。内側が透けて見える透明なフォルムが特徴。プリント基板や集積回路といった電子部品の色や形など、内側の部品もデザインされている。最大受信速度が9.2Mbpsの高速データ通信「WIN HIGH SPEED」に対応。カラーは「レッド」「ブラック」「ブルー」の3色。

 「AQUOS SHOT SH010」は、1,410画素でISO12,800の超高感度撮影にも対応したカメラ機能や3.4インチのメインディスプレイを搭載。防水機能や「Wi-Fi WIN」に対応しているほか、「Picasa ウェブアルバム」と連携している。カラーは「スプリントブルー」「ファントムブラック」「アルパインホワイト」の3色。

 「BRAVIA Phone S005」は、808万画素のカメラ機能や3.2インチのメインディスプレイを搭載。コマ数が4倍の「モーションフロー Lite 60Hz」を採用しており、ワンセグ映像がなめらかに再生できる。クロックスピード1GHzのCPUを採用し、画面の呼び出しやアプリの起動などの高速化を実現した。「WIN HIGH SPEED」に対応している。カラーは「ビビッドレッド」「シュガーピンク」「クールブルー」の3色。

 これらの3機種は10月18日に発表された新ラインアップ。同発表会ではauスマートフォン「IS series」の新3機種、秋冬モデル8機種、2011年春モデル6機種が発表された。

 ラインアップには、1,295万画素のオートフォーカスカメラや「Wi-Fi WIN」に対応し、歴代の「G'zOne」で最高スペックを誇る「G'zOne TYPE-X」や、世界初の1,620万画素カメラ搭載端末「Cyber-shotケータイ S006」、ハイビジョンムービー搭載の「EXILIMケータイ CA006」などが含まれている。

KDDI、秋冬モデル3機種発売……1,410万画素で超高感度撮影対応の「AQUOS SHOT SH010」など

《RBBTODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)