リセマム6周年

小中高生がGoogleのロゴをデザイン「Doodle 4 Google」の表彰式開催

教育ICT インターネット

グランプリ作品「地球を咲かせたい、やさしい花を グランプリ作品「地球を咲かせたい、やさしい花を
  • グランプリ作品「地球を咲かせたい、やさしい花を グランプリ作品「地球を咲かせたい、やさしい花を
  • 選出された40作品 選出された40作品
  • 表彰式の様子(小学校1~3年生部門) 表彰式の様子(小学校1~3年生部門)
  • 表彰式の様子(高校生部門) 表彰式の様子(高校生部門)
  • 表彰式の様子(全体写真) 表彰式の様子(全体写真)
  • グランプリを受賞した鈴木千尋さん グランプリを受賞した鈴木千尋さん
  • デニスホワン氏によるDoodle制作実演 デニスホワン氏によるDoodle制作実演
 グーグル(Google)は28日、同社が開催していたデザインコンテスト「Doodle 4 Google」の優秀作品40作品の表彰式を六本木アカデミーヒルズにて開催し、グランプリ作品を発表した。

 「Doodle 4 Google」は、小中高生を対象にした、Googleのロゴデザインを競うコンテスト。同社では、祝日や記念日にトップページに掲載される特別なロゴのことを「Doodle」と呼んでいる(Doodleは、本来「いたずら書き」という意味の英単語)。

 日本での開催が2回目となる今回は、生物多様性年にちなんで「地球のなかまたち」をテーマに6月より募集を開始し、全国の小中高生から約9万点の作品が集まった。この作品の中から、地区代表となる40作品が選出され、今回表彰された。

 さらに、小学校1~3年生部門、小学校4~6年生部門、中学生部門、高校生部門の4つの部門から部門最優秀となる4作品と、グランプリとなる1作品が選出された。

 グランプリを受賞したのは、千葉県鴨川市立加茂川中学校2年生の鈴木千尋さんの「地球を咲かせたい、やさしい花を」。同作品は、11月29日にgoogle.co.jpのトップページに掲載される。

 なお、今回表彰された40作品は、「3331 art chiyoda」で12月19日まで展示される。表彰式に続いて、GoogleのDoodleをデザインを担当しているWebマスター、デニスホワン氏と川島 優志氏がDoodleの制作方法を紹介する「Doodleセッション」も開催された。

小中高生がGoogleのロゴをデザイン……「Doodle 4 Google」の表彰式が開催

《北野美次@RBBTODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)