リセマム6周年

富士通、成績評価までを可視化する大学向け授業支援システム

教育ICT ソフト・アプリ

製品の利用イメージ 製品の利用イメージ
  • 製品の利用イメージ 製品の利用イメージ
  • 「CoursePower」画面 「CoursePower」画面
 富士通は17日、教材・レポート・テストや成績・出欠状況など、授業関連の情報を総合的に蓄積・管理する授業支援システム「CoursePower V1」(コースパワー)を発表した。大学向けに12月20日より販売を開始する。

 現在、日本の大学では、ICTを活用する学習環境の基盤となるシステムである「学習管理システム」(Learning Management System、LMS)の普及が進んでいる。一方、大学の授業体系は、複数回行われる授業によって1つの科目が構成されていることが一般的で、従来のLMSは、必ずしもその体系にあわせた運用ができるものではなかった。

 「CoursePower V1」はこれまでのLMSの機能を強化し、大学の授業体系にあわせて授業単位での総合的な情報管理を実現した製品。教材、学習成果、成績評価や出欠状況などの情報を授業ごとに総合的に管理可能で、教員や学生は、サーバに教室や自宅のパソコンからアクセスし、その授業で提供される教材を学習しその履歴を振り返ることができる。授業中心に教材が提示されていることから、事前学習や事後学習がよりスムーズに行えるとのこと。また授業の出席受付を携帯電話から行うことも可能。

 レポートの提出期限や延長期間の設定、添削による繰り返し指導、テストの階層問題の出題や解説表示、ディスカッションによるグループ討議など、大学の現場で求められるきめ細かい機能を搭載した。学生は、授業の進行にともない、教材やレポート、テスト結果などの授業の記録が系統立てて蓄積されていくため、自己の学習の振り返りや、強み・弱みなどの自己分析などを簡単に行うことができる。教員は、学生の学習状況をタイムリーに把握できるため、学生の能力に応じたきめ細かい指導ができる。2013年末までに約50大学での導入を目指す。

富士通、大学向け授業支援システム「CoursePower V1」販売開始……成績評価までのプロセスを可視化

《冨岡晶@RBBTODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)