教育ICT用語

Microsoft、教育機関用「Office 365」を年内に提供

教育ICT ソフト・アプリ

Office 365 for education
  • Office 365 for education
  • Office 365 for education - Overview and Academic Licensing
 米マイクロソフト(Microsoft)は英国時間1月11日、世界最大の教育的テクノロジーショーケースBETTにおいて、「Microsoft Office 365」の教育機関向けバージョンをK-12学校(幼稚園〜高校)と大学を対象に、年内に利用可能にすると発表した。

 同社では従来より教育機関向けオンラインサービスとして「Live@edu」提供しているが、Live@eduの利用者はここ3か月で1,500万人になったという。教育機関向けOffice 365は、この後継となるもの。

 企業向けOffice 365と同じように、「Office Web Apps」「Exchange Online」「SharePoint Online」「Lync Online」といったホスト型のサービスと、「Office Professional Plus」ソフトウエアライセンスなどで構成される。同社Live@eduの責任者であるAnna Kinney氏によると「企業用と同様のサービスは、学生たちが将来使うテクノロジーに熟達する間に学習の可能性を大きく拡げる」としている。

 教育機関向けバージョンでは、学生向けに電子メールやアンチウイルス保護などを含む無償のプランから、教員向け「MS Office Professional Plus」ライセンスを含む1か月あたり17ドルまで5つのプランが提供される。学生はこの最上位のプランを、1か月に5ドルで利用することができるという。
《前田 有香》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック