リセマム6周年

保護者のためのフィルタリング研究会、課題と解決の方向性など報告書を公開

デジタル生活 インターネット

報告書の構成
  • 報告書の構成
  • フィルタリングとは何か
  • フィルタリングの仕組み
  • 保護者のためのフィルタリング研究会
 保護者のためのフィルタリング研究会は1月21日、フィルタリング提供事業者向けの提言や保護者向けの利用ガイド等をまとめた報告書をウェブサイトで公開した。

 同報告書は、青少年の適切なインターネット利用に欠かせないフィルタリングについて、提供・利用の両面からの改善を考え、2010年4月から続けてきた調査・研究活動をまとめたものである。

 「フィルタリングフィルタリングの仕組み、期待と限界」「フィルタリングの課題と解決の方向性」「フィルタリング提供事業者向け提言」「保護者向けの解説と利用のガイドライン」「その他関係者への提言」などから構成されている。

 同研究会座長代理・坂元章氏によると、「フィルタリングの認知度や普及率は著しく伸びているが、非出会い系サイトでの福祉犯被害は上昇傾向にある。研究会では関係各位に提言を行ってきたが、今後も普及啓蒙の浸透に努める必要を感じている。青少年インターネット環境整備法には施行後3年以内の見直しという規定が含まれている。同報告書が今後2011年度にかけてなされる改正議論などにおいて、フィルタリング普及啓発の資料となることおよび、フィルタリング提供事業者等の自主的努力を期待する」と述べている。
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)