リセマム6周年

【中学受験】四谷大塚、2月1日午前入試の初日出願者数ランキングを公開

教育・受験 受験

合不合判定テスト配布資料
  • 合不合判定テスト配布資料
  • 2010年合不合判定テスト最終資料 part3
 四谷大塚は1月24日、同社ホームページの入試情報センターに「2010年合不合判定テスト最終資料 part3」を公開した。

 同資料は、中学受験模試「合不合判定テスト」の受験生へ配布されるものからの抜粋としてPDFファイルが公開されているもの。最終part3版では前号に引き続き、首都圏の主要中学の出願状況や入試結果などがまとめられている。

 1月入試校の結果の一覧では、埼玉・千葉・茨城の主要校の出願者数、受験者数、合格者数、実質倍率などの最新情報(1月24日現在)がまとめられ、主立った学校の動向について解説している。それによると、千葉・埼玉の共学校では全体的に、女子の方が倍率が高かったという。

 1月20日より出願が始まった東京都については、2月1日の午前に入試が行われる学校の中で、初日の出願者数が多かった50校を一覧表にして掲載。上位には、開成、麻布、女子学院が名を連ねている。

 また国立校および公立中高一貫校についても、出願者数や応募倍率などを集計した一覧表が掲載されており、昨年比10%増となった筑波大附属駒場の志願者数の伸びなど、今年度の傾向について解説している。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)