リセマム6周年

主婦に質問…2010年、旦那に対して感謝と不満どちらが多かった?

生活・健康 その他

2010年の育児・家事について
  • 2010年の育児・家事について
  • 2010年の旦那・パートナーに対する気持ち/コミュニケーションの円滑度
  • 2011年子供以外で最も交流を深めたい人物
  • 2010年・2011年の漢字一文字(上位5位まで)
 MMD研究所は1月26日、メディアインクルーズ運営のモバイルメディア「ママイコ」との共同リサーチとして「2010年の振り返り、2011年の抱負に関する主婦の実態調査」の結果を発表した。

 調査期間は2010年12月29日〜2011年1月16日、調査対象は10〜40代以上の主婦(10代 2.9%、20代 67.3%、30代 27.6%、40代以上 2.2%)、有効回答数は548件(MMD研究所調べ)。

 2010年、あなたは旦那・パートナーに対して「感謝」と「不満」どちらの気持ちが多かったですか?」と質問したところ、「感謝の方が多い」と答えたのは56.6%で「不満の方が多い」と答えたのは43.4%という結果となった(現在旦那、パートナーがいる主婦対象)。

 また、そう答えた具体的な理由についてフリー回答形式で答えてもらったところ、「感謝の方が多い」と回答した主婦では、「家事や育児に積極的に参加してくれた」「一生懸命働いて十分に養ってくれて、育児も一緒にして尊重しあえた」「妊娠中の自分を支え続けてくれた」などの回答が寄せられた。

 一方「不満の方が多い」という主婦では「子育てや家事に非協力的」「お金の価値観の違い」などの回答が寄せられた。

 2011年に、子ども以外で最も交流を深めたい人について聞いたところ、「ママ友(60.6%)」「旦那・パートナーとの交流(28.5%)」「自分の家族・親戚との交流(7.8%)」となり、旦那・パートナーよりもママ友との交流を深めたいと回答した主婦が倍以上という結果となった。

 「2010年はどんな年だったか」「2011年はどんな年にしたいか」を、それぞれ漢字一文字(フリー回答)で答えてもらったところ、2010年では「幸(12.1%)」、2011年では「楽(22.8%)」がトップにランクインした。
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)