リセマム6周年

ベストセラーから生まれた“東大生ノート”、コクヨS&Tが東大生などへ利用実態調査

教育・受験 学習

受験勉強の際に「ドット入り罫線ノート」を使っていましたか?(東大生) 受験勉強の際に「ドット入り罫線ノート」を使っていましたか?(東大生)
  • 受験勉強の際に「ドット入り罫線ノート」を使っていましたか?(東大生) 受験勉強の際に「ドット入り罫線ノート」を使っていましたか?(東大生)
  • 受験勉強の際に「ドット入り罫線ノート」を使っていましたか?(国公立大学生) 受験勉強の際に「ドット入り罫線ノート」を使っていましたか?(国公立大学生)
 2008年に出版されベストセラーとなった書籍「東大合格生のノートはかならず美しい」。東大合格生のノート約200冊を集めて、きれいなノートの取り方を研究した結果を紹介した同書籍だが、コクヨS&Tは、著者の太田あや氏とのコラボレーションにより開発・発売した「ドット入り罫線ノート」に関する調査結果を、1日に発表した。

 「ドット入り罫線ノート」は、「誰が書いても東大合格生のノートのようになり得るノート」をテーマに開発されたノートで、罫線上にドットが等間隔に入っている点が特徴。今回の調査の対象者は東京大学在学中の学生108名(街頭調査)と、東大生を含む国公立大学在学中の学生306名(インターネット調査)。

 まず09年~10年入学の東大生に対して街頭調査を実施。「受験勉強の際に“ドット入り罫線ノート”を使用していた」と回答した学生は33%となり、東大生の3人に1人が受験時に同ノートを使用していたという結果になった。また使用経験のある学生に、同ノート使用がモチベーション向上につながったかどうかを尋ねたところ、47%が「つながったと回答。理由としては、「使い始める前よりも文字を綺麗に書けるようになって、勉強をするのが楽しくなった」(2010年入学・女性)、「ノートがきれいにまとまるのでノートを開く回数が増え、結果として勉強をよくするようになった(2010年入学・女性)」などの意見があげられた。同社と太田氏によるコラボレーションは一定の成果をあげられたようだ。

 また国公立大学の学生を対象にした別調査では、51%が同ノートを「使用したことがある」と回答。70%が「後輩にも薦めたい」と答えた。

 同調査はコクヨS&Tが2月1日~4月30日まで実施する「頑張る人応援キャンペーン」に伴い行われたもの。同キャンペーンは「ドット入り罫線ノート」のさらなる普及を目的としたもので、旅行券5万円分があたるクイズなどがある。
《RBB TODAY@RBBTODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)