リセマム6周年

オーディオテクニカ、子どもの聴力を守る音量制限機能付きヘッドホン

デジタル生活 その他

ATH-K101
  • ATH-K101
  • ATH-K01
  • お子さんは日常的にヘッドホンを使用していますか?
  • お子さんがヘッドホンを使うと聴力が低下しないか心配ですか?
 オーディオテクニカは2月17日、子供用ステレオヘッドホン「iico(イイコ)」を発表した。3月11日より販売を開始する。

 iico(イイコ)シリーズは、子どもの聴力低下に配慮し、音量の制限や調整機能を持ったヘッドホン。最近は携帯ゲーム機や音楽プレイヤーの普及で、子どもがヘッドホンを使用する機会は増えている。同社が今年1月に小中学生の子どもを持つ両親1,000人を対象に行った調査によると、56%が子どもが日常的にヘッドホンを使用していると回答しており、63.6%が聴力の低下を心配しているという結果に。欧米ではすでに、子どもの聴力を守るため携帯音楽プレーヤーの音量規制が検討されているという。

 iico(イイコ)シリーズの「ATH-K101」と「ATH-K01」は、いずれも子どもに合わせた小さなヘッドバンドとなっている。プラグ部分はつかみやすく、また、ぶつかりに強いラバー素材のハウジング(イヤーカップの覆い部分)を採用するなど、子どもの使いやすさを考えたプロダクトデザインとなっている。

 ATH-K101では、ヘッドホンから聞こえる音量を85db以下に制限する「あんしん回路」を搭載し、1mの延長コードとφ6.3mmの変換プラグで、ポータブル機器やパソコン、電子ピアノなど、幅広い用途に使用可能となっている。

 ATH-K01は、従来製品よりヘッドホンの抵抗を大きくして、通常より33db小さな音で出力する「やさしさ設計」となっている。

◆iico(イイコ)シリーズ
[ATH-K101]
カラー:ブルー、ホワイト
価格:オープン(市場予想売価4,000円前後)

[ATH-K01]
カラー:ライトブルー、ピンク、ライトグリーン
価格:オープン(市場予想売価3,000円前後)
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)