リセマム6周年

【地震】グーグル、被災地向け「避難所名簿共有サービス」…メールで名簿公開

デジタル生活 その他

「tohoku.anpi.google@picasaweb.com」のQRコード 「tohoku.anpi.google@picasaweb.com」のQRコード
  • 「tohoku.anpi.google@picasaweb.com」のQRコード 「tohoku.anpi.google@picasaweb.com」のQRコード
  • Picasa ウェブ アルバム(goo.gl/ganbare) Picasa ウェブ アルバム(goo.gl/ganbare)
 グーグルは14日、被災地向けに「避難所名簿共有サービス」を開始した。避難所の名簿の公開を呼びかけている。

 避難所にいる人たちの名簿を、グーグルを通して、広く公開しようという試み。名簿を写真に撮って携帯でメールするだけで、Googleの写真共有サービス「Picasa」を使って、インターネットで公開できる。グーグルでは「いま、避難所にいる皆さん。避難所の名簿のコピーを管理している皆さん。避難所にいる方の名簿をGoogleを通して公開していただけませんか? 皆さんのご家族、ご友人が心配しています」と呼びかけている。

 すでにいくつかの名簿が公開されている。なお名簿の公開に際しては、避難所の管理責任者の承諾を得ることが望ましい。またGoogleが関係ないと判断した写真は削除する。

■手順
1. まず名簿(手書きも可)の写真を携帯電話のカメラで撮影。
 携帯にGPS機能が付いている場合、位置情報を添付すると、
 Picasa上で地図といっしょに表示できる。
2. メールの件名に、避難所名を設定する。
 件名に入力した避難所名が、Picasa上で自動的に画像の説明に入力される。
3. メールに添付して、「tohoku.anpi.google@picasaweb.com」まで送信。
 自動的にPicasaWebアルバムにアップロードされる。
 複数の画像の同時送信も可能。
4. 送信された画像は、Picasa「Webアルバム(goo.gl/ganbare)で確認可能。

 なお投稿された情報については今後、Googleがすでに提供している「パーソンファインダー(goo.gl/sagas)」に入力し、検索可能にする予定。

【地震】グーグル、被災地向けに「避難所名簿共有サービス」開始……メールすれば名簿を公開

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)