リセマム6周年

予備校でも地震により授業や説明会などが中止に

教育・受験 受験

駿台予備校
  • 駿台予備校
  • 河合塾
  • 代々木ゼミナール
 例年であれば大学入試の日程もほぼ落ち着き、大手予備校では次年度に向けた説明会や体験授業などのさまざまなイベントが開催されるこの時期だが、今回の地震の影響で東北地方のみならず、首都圏にもその影響が出ている。

 代々木ゼミナールでは、仙台校および東北地区(青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島)で予定していた授業・イベントをすべて中止する。新潟校では計画停電により、授業の一部休講や時間が変更される。首都圏と高崎校においては、予定どおり実施するとしている。なお状況は流動的であるため、当面の間、授業や行事などの予定は前日にホームページで確認するようにと呼びかけている。

 駿台予備校では、仙台校の授業を3月27日まで休講。入学説明会なども中止となる。また東北地区特設会場で予定していた3月19日以降の入学説明会は、山形会場を除きすべて中止となっている。首都圏では、3月15日〜17日の入学説明会・体験授業などのイベントは中止に。また水戸会場での入学説明会も中止としている。なお18日以降は、首都圏の各校舎のイベント・体験授業は実施する予定だとしている。

 河合塾では、東北地区の3月15日〜24日開催のイベント講座は中止。入塾説明会などは仙台校で通常どおり実施するとしている。また東日本地区では、16日の大学受験科などの授業、イベントはすべて中止。各校舎・教室での各種相談・受付は通常通り行うとしている。新年度入塾に関する特設会場でのイベントは、東北地区では山形を除きすべて中止。東日本地区では、土浦・水戸・宇都宮・高崎で中止となり、入塾に関する問い合せは首都圏の各校舎で受け付けるとしている。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)