リセマム6周年

文科省、各種専修学校等に対し被災生徒などに特段の配慮を要請

生活・健康 その他

東北地方太平洋沖地震の発生に伴う専修学校・各種学校の対応等について(通知)
  • 東北地方太平洋沖地震の発生に伴う専修学校・各種学校の対応等について(通知)
  • 文部科学省
 文部科学省は3月14日、「東北地方太平洋沖地震の発生に伴う専修学校・各種学校の対応等(通知)」について発表した。

 東北地方太平洋沖地震により、被災した専修学校・各種学校の受験生および生徒はもとより、その他の専修学校も被災した地域に関わりのある受験生および生徒については、入学者選抜試験や授業を受けられないなどの支障が生じることが想定される。同省では、被災した生徒等の進学、修学、就職等において不利益が生じないよう、各種専門学校等に対して特段の配慮を依頼したという。

 入学者選抜・入学手続き等においては、被災した受験生の立場を最大限に考慮し、受験できなかった人に対する追加試験の実施や、出願書類の逸失、郵便物の遅延などに対する配慮を求めている。また、被災した入学予定者に対しては、入学手続き期間の延長や、検定料・初年度納付金等の徴収猶予・減免など、各学校の実情に応じて可能な措置を検討するようにとしている。

 卒業・進級においても生徒の修学、就職等に不利益が生じないよう、弾力的な取扱いをお願いするとしている。被災した生徒の次年次以降の修学を支援するよう、授業料等の徴収猶予や減免など、できるだけの措置を検討してほしいとし、やむを得ない事情により長期欠席することとなる生徒に対しても、補講の実施や成績評価において特別の配慮を求めている。

 また、被災した地域の専修学校・各種学校への入学予定者や在学生の中には、他の地域の専修学校への入学先の変更や転学を希望も予想されるため、これらに関しても弾力的に対応し、仮に授業の再開が当面困難となる専修学校がある場合には、入学予定者や在学生の修学の機会を確保するような配慮をしてもらいたいとしている。
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)