リセマム6周年

塾選びで重視する点は? 場所・費用・合格実績など

教育・受験 学校・塾・予備校

塾の選択で重視する点<全国:小学生>総計448(複数回答)
  • 塾の選択で重視する点<全国:小学生>総計448(複数回答)
  • 塾の選択で重視する点<首都圏:小学生>総計191(複数回答)
  • 塾の選択で重視する点<関西:小学生>総計67(複数回答)
  • 塾の選択で重視する点<全国:中学生>総計554(複数回答)
  • 塾の選択で重視する点<首都圏:中学生>総計229(複数回答)
  • 塾の選択で重視する点<関西:中学生>総計93(複数回答)
  • 塾の選択で重視する点<全国:高校生>総計338(複数回答)
  • 塾の選択で重視する点<首都圏:高校生>総計131(複数回答)
 2011年度も新年度がスタートしたが、学校に次ぐ親子の関心事といえば、塾選びではないだろうか。リセマムが実施した教育に関する調査では、小学生から高校生までの子どものいる保護者2,017名のうちの42.8%にあたる863名が、「自分の子どもは塾に通っている」と回答している。

 では、塾の選択で重視する点は何だろうか? 小学生、中学生、高校生の順に見ていこう。

 小学生の塾選びについては448名の回答を得た。塾について重視する点でもっとも多かったのが場所・環境の27.4%、これに費用20.7%、教材・カリキュラム17.9%、評判(クチコミ)13.7%、合格実績11.8%と続いた。首都圏と関西に限って見ると、いずれも評判(クチコミ)と合格実績が、全国での集計結果と逆転して、合格実績が重視される傾向が出た。また関西でやや費用の比重が大きくなっている。

 中学生の塾選びについては554名の回答を得た。場所・環境の26.6%、費用の21.1%、教材・カリキュラムの16.1%、評判(クチコミ)の13.7%、合格実績の13.6%の順は、小学生と順位、割合ともに同じような結果となった。首都圏、関西で合格実績を重視する傾向があるのも小学生と同様。特に、関西では合格実績が、場所・環境、費用につぎ、教材・カリキュラムと同率3位となっており、より重視されている様子が伺える。

 高校生の塾(予備校)選びについては339名の回答を得た。場所・環境を重視する傾向は他と同様だが、費用(19.1%)、教材・カリキュラム(18.6%)、合格実績(16.3%)の3項目に大きな差が現れなかった。一方で、首都圏では教材・カリキュラム(2位の22.2%)が、費用(17.1%)、合格実績(17.4%)より重視されている傾向が出ている。関西では費用(18.8%)がやや多いものの、教材・カリキュラム(17.3%)や合格実績(17.8%)と大きな差は現れなかった。

 子どもの年齢に関わらず、塾・予備校の選択では、場所・環境を重視する傾向が強く現れ、安全面や通塾時間(通いやすさ)へ配慮する様子が伺える。また、全体に首都圏よりも関西で、費用を重視する傾向が見て取れる。

 調査は3月3日~8日の期間、インターネットにて実施し、2,017名の保護者から回答を得た。重視する点については複数回答可とした。なお、複数の子どものいる保護者には、小学生、中学生、高校生別に回答を得た。
《田村麻里子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)