リセマム6周年

震災の影響で青学のキャンパス移行が1年延期に

教育・受験 学校・塾・予備校

青山学院大学
  • 青山学院大学
  • 今後の就学キャンパスの再配置予定
 青山学院大学は、2012年度に予定していた人文・社会科学系7学部の就学キャンパス再配置を2013年度に延期すると発表した。

 青山学院大学は、東京都渋谷区に本部を置く私立大学。本部のある青山キャンパスのほか、神奈川県相模原市にのキャンパスを置いている。

 同大学では、相模原キャンパスに学ぶ学生のうち、人文・社会科学系6学部(文学部、教育人間科学部、経済学部、法学部、経営学部、国際政治経済学部)の1・2年生、および総合文化政策学部の1年生の合計約7,000人を、2012年4月より青山キャンパスに移行する計画を掲げていた。

 受け入れ先となる青山キャンパスでは、現在敷地内にツインタワービル(大学17号館)を建設中だが、当初2012年1月の竣工を目指し始まった工事が、東日本大震災の影響を受け資材の調達困難や電力事情等により工程に遅延が生じているという。これにより、2012年4月に予定していたキャンパスの移行も延期せざるをえなくなったとしている。

 同大学では、この「苦渋の決断」に対し理解を求めるとともに、2013年度のキャンパス移行に向けて万全の準備を進めていくとしている。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)