リセマム6周年

昭和世代の数学力を支えた中学校用教科書が復刻出版

教育・受験 学習

啓林館 新訂数学
  • 啓林館 新訂数学
  • 現代化「新訂 数学」復刻版
 新興出版社啓林館は、昭和53年から55年に中学校教育で使用された「新訂 数学」(1〜3年)を復刻、3月1日より販売している。

 同社によると「新訂 数学」は、旧ソ連の人工衛星打ち上げ(昭和32年)、いわゆる「スプートニクショック」を背景に進められた世界的な「数学教育の現代化」の流れのなか、昭和44年に告示された学習指導要領のもとに生まれたという。「ゆとり」教育が導入される直前の、昭和世代の数学力を支えた「原点」ともいえる教科書で、現在は高校で扱う「集合の概念」を中学1年からていねいに取り上げているなどの特徴があるという。

 同社によると「教育の流れが大きく変わろうとするなか、これからの数学指導に不安を抱く「ゆとり」世代の若い教員も少なくない。当時の教科書を読み返すことで、新たな数学教育の模索に役立てて頂ければ幸いです」としている。

 復刻にあたっては、オリジナル版が残っておらず、原本を高精細スキャナで読み取るなどして修復し、当時のままの姿を再現したという。基本的には教育関係者向けだが、一般も購入可能。

◆啓林館 新訂数学
内容:
・生徒用教科書 1〜3年(計3冊)
・教科書解答編(1冊)
・指導書第1部(1冊)
※計5冊ケース入り、分売はしない(いずれもA5判)
価格:2,100円
【特徴1】
数学の原点ともいえる「整数の性質」や「集まり」について考える単元「数と集合」を、1年の冒頭で30ページにわたって設けている。「集まり」を扱うときの考え方や処理の仕方、「かつ」「または」といった論理用語など、数学の基礎を学ぶことを目的としている(現在は高校の数学で学ぶ内容)。
【特徴2】
情報を整理して数値化し、分析する「統計」の考え方は、コンピュータの普及や高度情報化の進む現代ではますます重要になっており、3年生の「統計」の単元では平均や標準偏差など統計の基本を解説(現在は高校の数学で学ぶ内容)。
【特徴3】
最終学年の3年の末尾に、独立した単元として「数の見方・考え方」を設けている。となりあう奇数の積は、偶数の平方から1をひいた数になることなど「ことがらの発見」や、仮定から出発する証明方法とは異なる「背理法」も紹介。「数学の見方・考え方」を独立した単元として設けているのは、当時の教科書でも「啓林館 新訂数学」だけだという。
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)