リセマム6周年

気象庁の5つの震度観測点、ひび割れ・傾きなどで利用停止

生活・健康 その他

宮城県の栗原市志波姫 宮城県の栗原市志波姫
  • 宮城県の栗原市志波姫 宮城県の栗原市志波姫
  • 岩手県の奥州市胆沢区 岩手県の奥州市胆沢区
  • 福島県の二本松市針道 福島県の二本松市針道
  • 福島県の須賀川市岩瀬支所 福島県の須賀川市岩瀬支所
  • 茨城県の常陸太田市金井町 茨城県の常陸太田市金井町
 気象庁は21日、東日本大震災による震度観測点への影響を発表した。震災の発生以降、震度5強以上が観測された震度観測点のうち、5ヵ所にひび割れや傾きなどの異常が見られ、観測が適切に行われない状態となっているという。

 異常が確認された観測地点は、岩手県の奥州市胆沢区、宮城県の栗原市志波姫、福島県の二本松市針道と須賀川市岩瀬支所、茨城県の常陸太田市金井町の5ヵ所。震度計台周辺に亀裂、周辺地盤が陥没するなどの事象が発生しているため、これらの観測点による地震情報の活用が停止された。

 また茨城県鉾田市当間の震度計では、3月11日~31日までに発生した地震について、周辺観測点に比べ過大な数値が確認された。周辺観測点との差は0.73となり、こちらについても地震情報への活用が停止されている。

【地震】気象庁の5つの震度観測点、ひび割れ・傾きなどで利用停止に

《編集部@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)