リセマム6周年

【中学受験・進学塾の悩み解決:浜学園】最高レベル特訓の実戦テストに苦戦しています

教育・受験 学校・塾・予備校

中学受験・進学塾の悩み解決
  • 中学受験・進学塾の悩み解決
 「小学5年生男子の父親です。現在浜学園に通っています。飛び級で6年を受講しています。算数の平常復習テストでは偏差値60~70と得点できていますが、最高レベル特訓の実戦テストに苦戦しています。また、志望校別特訓の特定の単元(速さの線分図解法、速さのダイヤグラム解法)が理解できていなかったようで公開学力テストでも同範囲の失点が目立ってきました。現時点でどのように学習していけば良いでしょうか。」に回答します。

 平常の復習テストが得点できているのであれば宿題の取り組み方には問題がないようです。授業で学習した内容を反復演習しテストで再現する、すなわち「インプット→アウトプット」が出来ている事になります。

 最高レベル特訓の実戦テストは復習テストと違い、複数のパターンを結合した、いわゆる実力問題が大半を占めています。そのため平常や最高レベル特訓の復習テストは得点できていても実戦テストが得点できないというお子様が多いようです。実戦テストで得点できた問題に関しては褒めてあげ、得点できなかった問題は解き直しをしておくと来年度に繋がっていくと思います。

 速さの線分図解法、速さのダイヤグラム解法につきましては、塾のカリキュラム上、他の範囲と比較して繰り返しの回数が少ないため練習不足になっていると思われます。普段余力のある時や冬休みなどまとまった時間のとれるときに、浜テキストや志望校別特訓を利用して復習してみると良いでしょう。

 最高レベル特訓の実戦テストで複合問題への取り組みを早くから体験しておられるので、苦手な単元を今年度中にかためておけば、来年度はさらに密度の濃い学習が期待できます。新年度が始まる前に本人のモチベーション維持のため授業や模試の受け方の相談をすることをおすすめします。

※お知らせ:新連載「中学受験・進学塾の悩み解決」をスタートしました。SAPIX、日能研(関東・関西)、四谷大塚、早稲田アカデミー、浜学園、希学園の悩みを中心に、お答えしていきます。
《中学受験 個別指導のSS-1 講師》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)