リセマム6周年

【中学受験・進学塾の悩み解決:早稲田アカデミー】宿題よりも優先したい学習がある場合にはどうすればいいのか

教育・受験 学校・塾・予備校

中学受験・進学塾の悩み解決
  • 中学受験・進学塾の悩み解決
 「6年生の男子です。5年生の時に体調を崩したことがあって、学習が十分にできないままできた単元がいくつかあります。その復習をするには、Wベーシックをする代わりに5年の予習シリーズを見直す方が良いように思うのですが、子どもが聞く耳を持ちません。宿題をやっていかないと先生に怒られるそうです。何かいい方法はないでしょうか。」に回答します。

 普段の学習をなまけて、宿題をやっていかずに叱られるというのは、「良いこと」です。叱られて勉強に向かう気持ちを引き締め直すことができます。その意味で、お子さんのためになる叱責といえますね。

 しかし、毎日必死に勉強してもやり切れない場合や、ご相談のように塾の宿題とは別に優先すべき学習内容がある場合に、それでも叱られてしまうのは、お子さんにとって大きなマイナスとなります。この場合は、大人の出番です。まず、お母様の字でお手紙を持たせてやってください。お子さんがこの一週間がんばって学習していること、宿題も大切なことはわかっているが他に優先したい学習内容があること、などを書面にしたためて、頭ごなしに叱らないようにお願いする文面でご提出ください。

 万が一、手紙を持たせた後も一方的に叱られるようなことがあるようでなら、直接塾に相談にいかれて、宿題の取捨選択をお願いしてみるのが良いでしょう。
《中学受験 個別指導のSS-1 講師》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)