リセマム6周年

【中学受験・進学塾の悩み解決:早稲田アカデミー】勉強の習慣が付かず、5年生の勉強についていけるのか心配

教育・受験 学校・塾・予備校

中学受験・進学塾の悩み解決
  • 中学受験・進学塾の悩み解決
 「新小5の息子について相談させてください。2月から早稲アカに通いだしてほぼ1年が経ったのですが、なかなか勉強の習慣が付きません。算数に時間がとられて他教科の学習がおろそかになっていますし、算数も計画的にやるというよりは、思い立った時にまとめてやろうとしています。今のままでは5年生の勉強にはついていけないと思うのですが、どうしたらいいでしょうか?」に回答します。

 早稲アカは、小4までは比較的負担も少なく、先生たちもニコニコと優しく楽しい授業をしてくださいますね。ところが、小5になると宿題量も増え、宿題提出チェックも厳しくなってきます。授業も熱が入ってきますから、その変化に驚いて学習が空回りする子も出てきます。そういった環境面の特性を考えると、小4の間に学習習慣をつけておきたいとお考えになったことは適切な判断だったと思います。ところが、思うように習慣づけができなかったというわけですから、さぞお困りのことでしょう。

 さて、お子さんの場合、勉強をすることが嫌でたまらないというわけでもなさそうですね。どちらかというと算数に気持ちがいっているようですが、他教科もないがしろにしているわけではなさそうです。とすると、本人なりに計画している(つもり)で、着手を先送りにするから結局しわ寄せがきて、ぎりぎりのところで形の上では勉強をこなしたことになっているという状況なのかもしれません。

 このような場合、お子さんに対して一つ一つの行動をあれこれと指示しても上手くはいきません。お子さん自身が学習サイクルというものを理解していないため、一つ一つの行動がどのような意味を持つのかが分からないためです。ですからまずは、お子さんに学習サイクルの一つ一つのステップをきちんと説明してあげる必要があります。

 たとえば、授業を受けた後には復習をするのですが、なぜ復習しなければならないのか、お子さんは理解しているでしょうか? また復習の効果を上げるには、授業で扱った問題をもう一度見直した方が、別の問題から手を付けるよりも効率が良いのですが、その理解はできているでしょうか? 授業を受け終わった時に、テキストの問題には○(自分で解けた)△(最初は分からなかったけれど先生の説明を聞いたら分かった)×(よく分からないまま)と、理解度に応じて分類がなされていることが望ましいのですが、そういった工夫を知っているでしょうか?

 宿題をこなすのは、その単元の理解を深め、見た目の異なる問題に対しても自分の知っている方法や知識を用いることで対応していく力を養うためですが、お子さんは「分からないなりに、自分の知っているものを使ってみよう」としているでしょうか?

 一つ一つの学習ステップは、大人にとってはごく当たり前のことばかりなのですが、子どもは意外に知らないものです。また塾では、授業→復習→宿題→テスト→修正、という学習サイクルについて、お子さんが「なるほど、そういうことか!」という気持ちになれるような、腑に落ちる説明というところまではしてくれません。ですから学習の進め方については、ご家庭で教えてあげるしかありません。今さらながらという気持ちになるかもしれませんが、大切なことですので教えてあげてください。理解が進めば、お子さん自身が日々の学習についてサイクルの修正を行ってくれるでしょう。

 もし学習の進め方について、ご家庭で上手く説明してあげられない場合は、塾の先生や個別指導の先生などに頼んでみるのも良い方法です。早めに解決していきましょう。
《中学受験 個別指導のSS-1 講師》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)