リセマム6周年

福岡県、海外体験を通じ「世界に打って出る若者」を支援

教育・受験 その他

平成23年度 世界に打って出る若者育成事業
  • 平成23年度 世界に打って出る若者育成事業
 福岡県は5月24日、「平成23年度 世界に打って出る若者育成事業」について発表。県内の高校・大学などを対象に、補助の対象となる海外体験プログラムを募集する。

 国際的な視野を備え、社会に貢献する若者の育成が求められる一方で、米国への留学者数は減少傾向にあるなど若者の内向き志向が懸念される中、同県では今年度から新たに「世界に打って出る若者育成事業」をスタートするという。

 同事業は一人でも多くの若者に世界を知り、感じてもらうことにより、将来、世界を舞台に活躍する志を持った青年へと導くきっかけになることを目的としたもの。県内の高校・大学等が実施する海外体験プログラムに参加する生徒・学生を、金銭的に支援していく。

 補助額は、1プログラムあたりアジア諸国で上限70万円(学生1人あたり上限7万円)、アジア諸国以外では上限150万円(学生1人あたり15万円)となっている。助成数は高校生・大学生それぞれ100人程度。1つの高校・大学等から申請できるプログラムは、原則として5件までとなっている。

◆平成23年度 世界に打って出る若者育成事業
[補助の対象となるプログラム]
渡航期間:7月1日〜平成24年3月31日までの概ね2〜3週間程度のもの
内容:現地青年との意見交換等の交流活動、ホームステイ等を通しての異文化体験活動を取り入れたもの
補助額:
・1プログラムあたりの補助限度額はアジア諸国を訪問するプログラム70万円(学生1人あたり7万円を限度とする)アジア諸国以外を訪問するプログラムは150万円(1人あたり15万円)
・プログラムの企画・運営に係る事務経費として、高校・大学等1校あたり5万円
提出期間:6月17日(金)
 ※提出されたプログラムは選考委員会において審査の上採択、6月下旬を目処に当該校に通知
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)