リセマム6周年

パナソニック、片手で撮れる縦型ビデオカメラ3機種、水中撮影も

デジタル生活 その他

デジタルビデオカメラ、パナソニック 「HX-WA10」のサンターンブラック/サンシャインオレンジ/オーシャンブルー
  • デジタルビデオカメラ、パナソニック 「HX-WA10」のサンターンブラック/サンシャインオレンジ/オーシャンブルー
  • 水中撮影のイメージ 水中撮影のイメージ
  • 「HX-DC15」オニキスブラック 「HX-DC15」オニキスブラック
  • 「HX-DC1」のスマートグレー/クールホワイト/スウィートピンク 「HX-DC1」のスマートグレー/クールホワイト/スウィートピンク
 パナソニックは25日、片手撮影が容易な縦型デザインのフルHDデジタルビデオカメラを3機種発表した。販売開始は6月25日。価格はオープン。

 3機種のラインアップと予想実売価格は、防水仕様で水中撮影対応「HX-WA10」が45,000円前後、3型液晶ディスプレイ搭載で16GBメモリ内蔵の「HX-DC15」が50,000円前後、同80MBのエントリー「HX-DC1」が35,000円前後。

■水深3mまでの防水機能を搭載した「HX-WA10」

 「HX-WA10」は、IPX8相当で水深3mまでの防水性能を搭載し、水中撮影を可能としたモデル。「水中モード」により水中らしい色合いに自動で調整して撮影できるほか、操作音などによる雑音や水辺ならではの気泡の破裂音なども低減するとしている。

 付属のソフト「HD Writer VE 1.0」(Windows専用)を使用することでYouTubeやFacebookへ簡単に「MP4」データをアップロードすることが可能。PCへの保存もドラッグ&ドロップで手早く行なえるほか、iFrameモードの搭載によりMacとの連携も図れる。

 1/2.3型MOS固体撮像素子を搭載し、最大1,600万画素の静止画撮影にも対応。被写体にカメラを向けながら静止画撮影ボタンを押し続けることで連続写真を一時記録し、シャッターチャンスを逃さない「高速リバース連写機能」を搭載する。

 被写体にカメラを向けるだけでカメラが自動で撮影設定を行なう「おまかせiA」を装備。動画モードでは「顔認識/風景認識/スポットライト認識/ローライト認識/iAノーマル」、静止画モードでは「顔認識/風景認識/顔&夜景認識/接写認識(マクロ)/動き認識」に対応する。

 ズームは、動画撮影時にアドバンスト12倍(30p)/6倍(60i/60p)、デジタル120倍(30p)/60倍(60i/60p)、静止画撮影時に光学5倍、デジタル50倍。液晶ディスプレイは2.6型。記録形式は、動画がMP4、iFrame(映像圧縮:MPEG4 AVC/H.264)、静止画がJPEG(DCF/Exif2.2準拠)。約80MBのフラッシュメモリを内蔵するほかSD/SDHC/SDXCカードに対応。インターフェースはUSB2.0/ミニHDMI/コンポジットビデオなど。

 本体カラーはサンターンブラック/サンシャインオレンジ/オーシャンブルー。本体サイズは幅92×高さ123.7×奥行き41.2mm、重さは約232g(バッテリ/別売SDカード含む)。付属品はバッテリパック/ACアダプタ/AVケーブル/ハンドストラップ/ブラシなど。

■内蔵メモリ16GBの「HX-DC15」と同80MBのエントリーモデル「HX-DC1」

 「HX-DC15」は、「HX-WA10」と同様で防水非対応。液晶ディスプレイのサイズが3型、内蔵メモリの容量が16GB、本体カラーがオニキスブラック、本体サイズが幅86.2×高さ120.8×奥行き38.1mm、重さが約162g(バッテリ/別売SDカード含む)。付属品はバッテリパック/ACアダプタ/AVケーブル/レンズキャップ/レンズキャップストラップ/ハンドストラップなど。

 「HX-DC1」は、本体サイズ/液晶サイズ/記録形式/インターフェースが「HX-DC15」と同様。1/2.33型MOS固体撮像素子を搭載し、静止画撮影の解像度は最大1,400万画素。「おまかせiA」は装備していないが、静止画撮影時に顔検出に対応する。

 ズームは、動画撮影時にダブルレンジ12倍(30p)/、デジタル60倍、静止画撮影時に光学5倍、デジタル50倍。約80MBのフラッシュメモリを内蔵するほかSD/SDHC/SDXCカードに対応。本体カラーはスマートグレー/クールホワイト/スウィートピンク。重さは約163g(バッテリ/別売SDカード含む)。付属品はバッテリパック/ACアダプタ/AVケーブル/レンズキャップ/レンズキャップストラップ/ハンドストラップなど。

パナソニック、縦型デザインのデジタルビデオカメラ3機種……水中撮影対応モデルなど

《加藤@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)