リセマム6周年

積極的に利用を、ニンテンドー3DSに無償フィルタリング

デジタル生活 ゲーム機

i-フィルター for ニンテンドー3DS
  • i-フィルター for ニンテンドー3DS
  • i-フィルター
 デジタルアーツは6月3日、任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」向けのWebフィルタリングサービスに、同社が提供する「i-フィルター for ニンテンドー3DS」が採用されたと発表した。

 今年2月に発売された「ニンテンドー3DS」は、無線LANアクセスポイント経由でインターネットに接続する機能を備えており、6月7日より提供される本体更新を行うことで、インターネットブラウザーを使ったWebページの閲覧が可能だ。

 このブラウザーの「お気に入り」に登録された「i-フィルター for ニンテンドー3DS」から申し込みをすると、Webフィルタリングサービスを無料で利用できるようになる。

 同社では、2006年に任天堂が「ニンテンドーDSシリーズ」でブラウザーを提供した当初から、Webフィルタリングサービスの「i-フィルター」シリーズを販売し、子どものインターネット利用に際しフィルタリングの利用を呼びかけてきた。携帯ゲーム機でのインターネット利用が増加傾向にある中、今回、費用の負担なくWebフィルタリングサービスが利用できる環境が提供されることとなる。

 同社では、保護者の代わりに子どものインターネット利用を管理できる同サービス利用を積極的に利用してほしいと呼びかけている。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)