リセマム6周年

不適切な歌詞やゲームもチェック、マカフィーのフィルタリング

教育ICT インターネット

「マカフィー ファミリープロテクション」パッケージ 「マカフィー ファミリープロテクション」パッケージ
  • 「マカフィー ファミリープロテクション」パッケージ 「マカフィー ファミリープロテクション」パッケージ
  • 他のマカフィー製品との違い 他のマカフィー製品との違い
 マカフィーは14日、オンラインの危険から子どもを保護するフィルタリングソフトウェアの2011年版「マカフィー ファミリープロテクション2011」の提供を開始した。

 「マカフィー ファミリープロテクション」は、子どもが不適切なコンテンツを閲覧したり、ネット上でのいじめに加わったり、ソーシャルメディアで危険な交友関係を結んだりすることを防ぐことができるフィルタリングソフト。最新版である「マカフィー ファミリープロテクション2011」では、フィルタリング機能の対象にApple社のiTunesが配信する音楽やオンラインゲームが追加された。iTunesが配信する、歌詞が不適切だと思われる音楽や、オンラインゲームサイトへのアクセスをフィルタリングすることが可能。

 そのほか、子どもの年齢を「0歳~7歳」「8歳~13歳」「13歳~17歳」「18歳以上」の4つのカテゴリ子どもの年齢に応じたフィルタリングを行う「年齢別設定機能」を搭載した。保護者が自宅にいなくてもPCの設定を変更できる「リモート管理機能」、子どものPC利用に関するアクティビティをメールで送信する「レポート機能」、Google、Facebook、Yahoo!、YouTube、Bing、MSNなどの検索エンジンやソーシャルメディアで、不適切な表現の含まれる成人向けコンテンツを検索結果から除外する「安全検索機能」なども新たに搭載されている。子どもがオフにしても自動的にオンに戻し、子どもの検索履歴を記録することも可能。

 「マカフィー ファミリープロテクション2011」の価格は、5,250円(税込、1年契約、3PC、1台のPCにつき10ユーザーまで利用可能)。

“歌詞が不適切な音楽”にも対応、フィルタリングソフト「マカフィーファミリープロテクション2011」登場

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)