リセマム6周年

6/16明け方の「皆既月食」、食の最大は午前5時過ぎ

教育・受験 その他

Astro Arts
  • Astro Arts
 6月16日の明け方、月全体が地球の影に隠れる「皆既月食」が起こる。今回は低空の現象で、月は欠けたままの状態で沈んでいくという。

 「Astro Arts」では特集サイトを開設し、月食の解説、現象の時刻や札幌・仙台・東京・大阪・福岡・那覇の各地からの見え方、観察と撮影のポイントなどを紹介している。

 それによると、今回の皆既月食は全国で見られるものの、月食の全経過を観察することはできず、関東以北では、皆既月食となる前に月が沈んでしまう。この皆既状態の月が沈んでいく状態を、「月没帯食(げつぼつたいしょく)」と呼ぶという。

 半影食の始まりは2時24.6分で、欠け始めは3時22.9分、皆既食の始めは4時22.5分、食の最大は5時12.6分。

 2011年は6月16日のほか、12月10日の深夜から11日にかけても皆既月食が見られるという。
《田村麻里子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)