リセマム6周年

番組録画は週平均9.7時間、地デジ対策の意外な落とし穴とは?

デジタル生活 その他

レコーダーの地デジ対応調査、オリコン 「HDDレコーダーの地デジ化対応の認知」(ORICON STYLE調べ)
  • レコーダーの地デジ対応調査、オリコン 「HDDレコーダーの地デジ化対応の認知」(ORICON STYLE調べ)
  • 「HDDレコーダーの保有率(アナログ含む)」(ORICON STYLE調べ) 「HDDレコーダーの保有率(アナログ含む)」(ORICON STYLE調べ)
  • 「保有するHDDレコーダーへの不満点」(ORICON STYLE調べ) 「保有するHDDレコーダーへの不満点」(ORICON STYLE調べ)
 オリコンDDは15日、7月24日の地デジ化を控え、番組録画用のHDDレコーダーに関する調査結果を発表した。

 同調査は「ORICON STYLE」サイトを運営するオリコンDDが実施。調査方法はwebアンケート、調査期間は5月25日~30日、調査対象は全国の10/20/30/40代の男女各100人で計800人となる。

 テレビはもちろん、番組録画用のHDDレコーダーも地デジ化に対応していなければ、地デジ化以降、番組を録画することができなくなる。その点を知っているか否か調査したところ、「知っている」が74%で「知らなかった」が26%。また、手持ちのHDDレコーダーが地デジ化に対応しているのは55.1%であった。

 地デジ対応テレビの普及率が全国平均で91.1%(「地上デジタルテレビ放送に関する浸透度調査」3月10日総務省発表)に上っている一方で、HDDレコーダーの地デジ化普及率は約2人に1人。約4人に1人はHDDレコーダーの地デジ化の必要性すら知らないのが現状のようだ。

 なお、アナログのものを含めHDDレコーダーの保有率は71.6%となり、1週間の録画時間については平均9.7時間。多くの人がレコーダーを使い録画を楽しんでいることがうかがえる。しかし、保有者のうち33.1%が「容量不足」、31.4%が「起動の遅さ」に不満持ち、外付けHDDを増設できるレコーダーならば「ぜひ使ってみたい」「検討してみたい」という回答が80%を超えた。

番組録画は週平均9.7時間、HDDレコーダーの地デジ化対策は意外な落とし穴?……オリコンDD調べ

《加藤@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)