リセマム6周年

大阪府、小中学生と保護者対象「夏休みこども体験教室」参加者募集

教育・受験 その他

夏休みこども体験教室
  • 夏休みこども体験教室
  • 申込方法
  • 開催概要
  • 開催概要
 大阪府環境農林水産総合研究所は6月15日、「夏休みこども体験教室」の開催について発表した。

 同研究所の水産技術センター、食とみどり技術センター、環境科学センターのセンターにおいて、小中学生・保護者を対象に関係分野の研究員が講師となり、体験イベントを開催するという。

 水産技術センターが開催する「海の教室」では、海洋観測コースと栽培漁業コースに分かれて体験学習後、近隣の河口で地引網体験や干潟観察を行い、大阪湾の環境や水産資源の保全について学習する。

 「食とみどりの探検隊」(食とみどり技術センター)では、農業で活躍するさまざまな機械についての学習、農作物の収穫体験、アヒルや牛など家畜の暮らしの見学などが行われる。

 「なぎさの楽校」(環境科学センター)では、大阪湾の希少な自然海浜において、磯辺に生息するヤドカリ、カニ、タコなどの生きものの観察、簡単な水質検査や清掃活動を行い、海辺の環境について学習する予定。

 参加費はいずれも無料。申込は、ハガキまたはファックス、およびインターネットで受け付ける。インターネット申し込みの場合は、大阪府ホームページ「手続き・催し総合案内(ピピッとネット)」より希望するイベントを検索し、必要事項を入力して送信のこと。

◆夏休みこども体験教室
【海の教室】(水産技術センター)
内容:海洋観測コースと栽培漁業コースに分かれて体験学習後、地引網体験や干潟観察を行い、大阪湾の環境や水産資源の保全について学習する
日時:7月17日(日) 午前の部9:30〜12:30/午後の部13:10〜16:10
  ※雨天決行
会場:水産技術センター(泉南郡岬町多奈川2926-1)
対象:小中学生・保護者(海洋観測コースは小学4年生以上)
定員:海洋観測コース 28名(各回14名)、栽培漁業コース 60名(各回30名)

【食とみどりの探検隊】(食とみどり技術センター)
内容:農業で活躍する機械についての学習、農作物の収穫体験、家畜の暮らしの見学などを行う。
日時:8月19日(金)13:30〜16:00
  ※雨天決行
会場:食とみどり技術センター(羽曳野市尺度442)
対象:小学生・保護者
定員:30組(1組5名まで)
 
【なぎさの楽校】(環境科学センター)
内容:大阪湾の希少な自然海浜において、磯辺に生息する生きものの観察、簡単な水質検査や清掃活動を行い、海辺の環境について学習する。
日時:8月1日(月)13:00〜15:00
  ※雨天時は2日(火)に順延
会場:小島自然海浜保全地区(泉南郡岬町)
対象:小中学生・保護者
定員:80名

※いずれも参加は無料
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)