リセマム6周年

国立国会図書館のデジタル資料が100万点超え、歴史的音源も提供

教育ICT 行政

国立国会図書館のデジタル化資料
  • 国立国会図書館のデジタル化資料
  • 歴史的音源
  • 近代デジタルライブラリー
  • 新たに提供する資料例
 国立国会図書館は6月27日、6月末から7月初めにかけ新たにデジタル化した資料や音源を50万点以上を提供し、デジタル化資料の提供数が100万点を超えると発表した。

 今回新たに提供されるのは、平成21年度補正予算で実施した所蔵資料の大規模デジタル化事業の成果から、図書・雑誌の約48万8,000冊と、歴史的音盤アーカイブ推進協議会(HiRAC)がデジタル化した「歴史的音源」の約1万8,000点。

 歴史的音源とは、1900年初頭から1950年頃にかけ、国内で製造されたSPレコードや金属原盤などに収録された音楽や演説など。約5万点の音源が存在し、国立国会図書館はこれらの音源を購入し館内で公開するとともに、著作権および著作隣接権の保護期間が満了したものについては、インターネットでも提供していくという。

 歴史的音源は同日より提供開始となり、約1万8,000点のうち、およそ400点をインターネットでも提供する。また、昭和前期の刊行図書および終戦直後の刊行図書など約5万6,000冊を「近代デジタルライブラリー」にて6月30日より、文芸分野などの戦後期刊行図書約11万冊と、旧帝国図書館所蔵雑誌および雑誌記事索引採録対象誌の一部の雑誌約32万1,000冊を7月4日より、それぞれ提供するという。

 歴史的音源、図書、雑誌については、ホームページ「国立国会図書館のデジタル化資料」にて、検索することができ、館内限定公開資料を除き、閲覧や視聴が可能となっている。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)