リセマム6周年

被災生徒のためのローソン「夢を応援基金」、7/1より受付

教育・受験 学校・塾・予備校

夢を応援基金
  • 夢を応援基金
 ローソンは、東日本大震災により就学が困難になった生徒の夢を応援する「夢を応援基金」を4月14日に設立し、7月1日より奨学金給付対象者の応募受付を開始すると発表した。

 対象は、岩手・宮城・福島各県居住時に東日本大震災で被災した高等学校・高等専門学校(1~3年)・高等専修学校に在学中の生徒、および2012年に高等学校・高等専門学校・高等専修学校に入学を予定している生徒で、募集人数は1,000人。

 支援内容は1人につき毎月3万円を給付し、返還の義務はない。生徒が社会人になるまでの最長7年間支援するという。

 応募資格は居住地域のほかに、「学校の推薦を受けることができる品行方正な生徒」「本震災により家計を支える方が死亡・行方不明・負傷・病気・失業等の被害を受け、経済的事由により就学が困難な状況が見込まれる生徒」「本震災により住居していた住宅が半壊・半焼または床上浸水以上程度の被害、または計画的避難区域になっているなど、経済的事由により就学が困難な状況が見込まれる生徒」などの条件があり、応募は学校を通じて行う。

 ローソンでは、同社の拠出金(4億円)に、取引先からの寄付、顧客からの募金等をあわせて「夢を応援基金」を運用するという。
《田村麻里子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)