リセマム6周年

CTC、東京農工大のシステムをクラウドで全面刷新

教育ICT 学校・塾・予備校

伊藤忠テクノソリューションズ
  • 伊藤忠テクノソリューションズ
  • A-Cloud Mail
 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は7月4日、東京農工大学の教育用情報システムをプライベートクラウドとパブリッククラウドを組み合わせたハイブリッドクラウドにより全面刷新し今年2月から稼働したと発表した。

 同システムは、東京農工大学の中核となるシステムで、東京農工大学の学生と教職員約11,000人が利用するという。教育システム、インターネット情報システム、統合管理運用システム、統合ストレージ、図書館用システムなど多くのサブシステムから構成され、大学固有のシステムはプライベートクラウド、電子メールはパブリッククラウドというように、システムごとに適切な方式で運用することで、管理負荷を軽減し、サーバ台数と消費電力の2分の1を削減したという。

 プライベートクラウドは、シスコのIAサーバ「Cisco UCS」、EMCのユニファイド・ストレージ「Celerra NS-480」、VMwareの仮想化ソフト「VMware vSphere」の組み合わせで構築。デスクトップ環境のクラウド化には「VMware View」を導入した。また図書館システムもパッケージを刷新しプライベートクラウド上に構築し、Shibboreth認証を実現した。

 パブリッククラウドでは、CTCが提供する教育機関向けクラウドメールサービス「A-Cloud Mail」を採用。これまで自前で保有していたメールサーバを撤去し、全学生と教職員が11,000人がA-Cloud Mailに移行したという。同製品は、卒業・入学で年度ごとに利用者が入れ替わる教育機関での利用形態に特化しており、CTCのデータセンターにおいて稼働しているため、学内の停電等の影響を受けずに常時メールの利用が可能となるという。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)