リセマム6周年

アニメ等の違法アップロードで、未成年者4名を書類送致

デジタル生活 その他

運営時のオンラインストレージサービス「BB QUEST」の画面(現在は閉鎖済み) 運営時のオンラインストレージサービス「BB QUEST」の画面(現在は閉鎖済み)
  • 運営時のオンラインストレージサービス「BB QUEST」の画面(現在は閉鎖済み) 運営時のオンラインストレージサービス「BB QUEST」の画面(現在は閉鎖済み)
  • 「BB QUEST」はすでに閉鎖されており、現在はお詫び文が掲載されている 「BB QUEST」はすでに閉鎖されており、現在はお詫び文が掲載されている
 福岡県警生活経済課サイバー犯罪対策室と筑紫野署は11日、オンラインストレージにアニメ作品・特撮作品を記録・蔵置していた北海道札幌市の男性Aなど、未成年者4名を著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで福岡地検に書類送致した。コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)を通じて公表した。

 書類送致されたのは、男性Aのほか、愛知県豊川市の男性B、広島県福山市の男性C、鹿児島県日置市の男性Dの4名。男性Aは2010年11月27日頃、自宅のコンピュータからインターネットを通じ、オンラインストレージ会社のサーバコンピュータに、シンエイ動画のアニメ作品「クレヨンしんちゃん」の動画ファイルを無断で記録・蔵置した。同様に、男性Bは2011年2月10日頃、角川書店のアニメ作品「らき☆すた」を、男性Cは2011年1月10日頃、小学館集英社プロダクションのアニメ作品「ハヤテのごとく!!」を、男性Dは2010年11月22日から12月2日の間、東映の特撮作品「仮面ライダーオーズ/OOO」の動画ファイルを無断で記録・蔵置した。

 A、B、C、Dはそれぞれ、無料のオンラインストレージサービス「BB QUEST」を利用して、動画ファイルの保管場所を開設したうえで、それぞれのファイルを公開していた。

 なお、日本音楽著作権協会(JASRAC)の同日発表によれば、「BB QUEST」を利用して「ニコニコ動画館」等といった保管場所を開設・運営していた運営者個人2名も、書類送致されたとしている。動画を違法投稿させるサイトの運営者が摘発されたのは、今回が初。この2名が上述の未成年者に含まれるかどうかは未発表。

 また福岡県警は7月4日に、「BB QUEST」の運営会社ネッツ・ジャパン(愛知県名古屋市)の代表取締役らに対しては、同サービス内における著作権侵害に係る警告を行っている。BB QUESTは7月8日にサイトを閉鎖した。

違法アップロードで、未成年者4名を書類送致……サイト運営者も摘発、サービス事業者にも警告

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)