リセマム6周年

サイバーエージェント、学生対象の奨学金制度を設置

教育ICT その他

次世代エンジニア&クリエイター応援金制度
  • 次世代エンジニア&クリエイター応援金制度
  • 次世代人材開発室
 サイバーエージェントは7月14日、学生を対象とした奨学金制度「次世代エンジニア&クリエイター応援金制度」を設立すると発表した。

 同制度は、インターネット産業で活躍する次世代の人材の育成支援を目的に今年5月に設立された同社内の組織「次世代人材開発室」による取組の第2弾として設立されるもの。将来的にエンジニアやクリエイターとして活躍することを希望する大学生・大学院生を対象に、月額5万円相当の応援金を給付するほか、勉強会・インターンシップなどの学習機会を提供していくという。

 応援金は自己学習や研究開発などに活用する費用として、年に1回一括で給付し、半年に1度面接や同社の開発組織の見学、勉強会、インターンシップなどのプログラムを実施し、知識やレベルアップを支援していくという。

 応募資格は、同社の指定する全国28の国私立大学(大学院)の情報・理工系、芸術・美術系学部の在学生と入学予定者。募集人数は最大5名で、指定の応募フォーマットに履歴書、成績証明書、住民票を添えて応募する。申込受付は7月18日に開始予定となっている。

◆次世代エンジニア&クリエイター応援金制度 概要
応募資格:指定大学・大学院に在学中、および入学予定の方
給付額:月額5万円
給付期間:1年間(再審査により1年毎に更新)
募集人数:最大5名(予定)
対象大学:会津大学、大阪大学、金沢工業大学、九州大学、京都大学、京都造形芸術大学、慶應義塾大学、神戸大学、多摩美術大学、千葉大学、筑波大学、電気通信大学、東京大学、東京工業大学、東京藝術大学、東京理科大学、東北大学、同志社大学、豊橋技術科学大学、名古屋工業大学、名古屋大学、奈良先端科学技術大学院大学、はこだて未来大学、北海道大学、武蔵野美術大学、横浜国立大学、立命館大学、早稲田大学
対象学部:情報・理工系、芸術・美術系学部に限る
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)