リセマム6周年

民主党は4年連続で最低ランク…政党ホームページの使いやすさ

デジタル生活 インターネット

各政党サイトのアクセシビリティの評価 各政党サイトのアクセシビリティの評価
  • 各政党サイトのアクセシビリティの評価 各政党サイトのアクセシビリティの評価
  • 到達レベルの内訳 到達レベルの内訳
 アライド・ブレインズは20日、10政党の公式Webサイトのアクセスのしやすさを調査した「A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態庁さ政党編第4回」の結果を発表した。同調査では、10サイトのうち4サイトが「アクセシビリティ対応不十分」の評価となった。

 Webサイトのアクセシビリティの定義として、「高齢者や障害者など心身の機能に制約のある人でも、ウェブで提供されている情報にアクセスし利用できる」としている。2008年より毎年行われている同調査では、各政党のサイトのアクセシビリティ対応状況をA~Eの5段階で評価。Aは「公共サイトが最低限到達すべき水準」、Bは「対応途上」、Cは「対応に着手した段階」、Dが「対応の着手が遅れている」、「Eが「対応不十分」となっている。

 今回の調査結果は、Aレベルは該当なし、BレベルとCレベルがそれぞれ3サイト、Dレベルの該当はなく、Eレベルは4サイトだった。具体的な問題点としては、Webサイトのほぼ全ページに表示されるナビゲーションのメニュー画像に代替テキストが付与されていない例や、トップページに表示される「マニフェスト」へのリンク画像に代替テキストがない例などが確認されたという。

 政党別では、政権与党の民主党は、4年連続で最低ランクのEレベル。自由民主党は昨年までEレベルが続いていたものの、今回はCレベルに持ち直した。一方今回の対象サイトの中ではBレベルが最も高かったが、該当政党はみんなの党、国民新党、たちあがれ日本となった。

政党ホームページの使いやすさ……民主党は4年連続で最低ランク

《編集部@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)