リセマム6周年

パナソニック、歩き撮りのブレを抑えるフルHD動画対応デジカメ

デジタル生活 その他

「LUMIX DMC-FZ48」
  • 「LUMIX DMC-FZ48」
  • 動画RECボタン
  • 歩き撮りのブレを抑制する「アクティブモード」のOFF(左)/ON(右)の比較
 パナソニックは21日、光学24倍ズームレンズとフルHD動画撮影機能を備えたデジタルカメラ「LUMIX DMC-FZ48」を発表した。販売開始は8月25日。価格はオープンで、予想実売価格は43,000円前後。

 「LUMIX DMC-FZ48」は、光学24倍ズーム(35mm判換算で広角25mmから大望遠600mm相当)に対応する「LEICA DC VARIO-ELMARIT(バリオ・エルマリート)」レンズを搭載。さらに「超解像技術」を用いた「iAズーム」機能を使用することで32倍(35mm判換算で最大800mm相当)ズームが可能となる。

 1,210万画素ハイスピードCCDセンサーと新ヴィーナスエンジン搭載することで、2010年発売の同社製「LUMIX DMC-FZ100」との比較で感度が約1.5倍向上。また、動画撮影機能はフルHDのAVCHDに加え、新たに「MP4動画」にも対応した。

 動画は独立した動画RECボタンを押すことで撮影可能。動画撮影時も広角25mmからの光学24倍ズームを利用でき、光学ズームに合わせ音声の指向性を上げるズームマイクを内蔵する。マイクには自動で風音低減を行なう機能を備えるほか、「アクティブモード」をによりフルHD動画撮影時の歩き撮りのブレを抑制する。さらに静止画は「スライド3D撮影」に対応する。

 おもな仕様として、撮像素子は1/2.33型で総画素数1,250万画素のハイスピードCCD、液晶ディスプレイは3型、内蔵メモリは約70MB、外部対応メディアはSD/SDHC/SDXCカード。静止画記録形式はJPEG(DCF/Exif 2.3準拠、DPOF対応/MPO、動画記録形式はAVCHD/MP4。インターフェースはHDMI/USB2.0/AV出力など。本体サイズは幅120.3×高さ79.8×奥行き91.9mm、重さは約498g(バッテリ、カードを含む)。付属品はバッテリパック/バッテリチャージャー/レンズフード/レンズキャップ/レンズキャップひも/USB接続ケーブル/ショルダーストラップなど。

パナソニック、歩き撮りのブレを抑えるフルHD動画撮影機能搭載の光学24倍デジカメ

《加藤@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)