リセマム6周年

富士通、千葉市教委にPC8,000台のシンクライアントシステム

教育ICT 行政

Cabinet統合システム全体構築図
  • Cabinet統合システム全体構築図
  • 千葉市教育委員会 教育センター
 富士通は7月26日、千葉市教育委員会 教育センターに教職員用と生徒学習用のパソコン8,000台を納入し、シンクライアントシステム「Cabinet(キャビネット)統合システム」を構築したと発表した。

 同システムは、教育センターと千葉市内の小中特別支援学校176校、養護教育センターを結ぶ学習用ネットワーク。千葉市では、校務作業のICT化推進による業務効率化と情報セキュリティ向上を目的に、富士通と共同でシンクライアントシステム「Cabinet統合システム」を構築したという。

 システムには、指導用・校務用のシンクライアントパソコンとして「FMV-TC8390」約3,000台を導入。仮想デスクトップ環境で運用し、パソコン本体にはデータを保存せず、学校の学習用サーバおよび集中管理するシステムに保存するようになっている。

 またPC教室には、ネットブート型シンクライアント端末「ESPRIMO D550/B」約5,000台を導入し、生徒の個別学習にも対応する。

 仮想化技術を利用することで、教員が自宅で作業を行う場合にも、必要なデータをUSBメモリなどで持ち帰る必要がなく、自宅のパソコンからシステムにVPNを活用してアクセスし、学校と同じ環境で作業することが可能となる。

 また、授業時間には教科学習で使用する端末を、カードの認証技術などにより職員室で教職員が校務にも活用できる仕組みとなっているという。

 なお同システムは、教職員向けのグループウエア「SA@SCHOOL」と、成績処理にも対応したWEB型校務処理システム「SA校務システム」を仮想デスクトップ環境に配置することで実現しているという。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)