リセマム6周年

ヤフー、PC・モバイル向けリアルタイム「放射線情報」提供

デジタル生活 その他

地図上の計測地点マーク(紫色のピン)をクリックすると、リアルタイムの数値のほか、直近24時間の放射線推移グラフなどが表示される
  • 地図上の計測地点マーク(紫色のピン)をクリックすると、リアルタイムの数値のほか、直近24時間の放射線推移グラフなどが表示される
  • すべての地点の計測値を一覧でチェックすることも可能
  • 放射線情報サイト(画像)
  • 放射線に関する解説図も掲載
 ヤフーは5日、定点計測された全国の放射線量情報を提供するサービス「放射線情報(ベータ版)」を公開した。パソコン、スマートフォン、携帯電話に対応するとともに、放射線量情報は約5分ごとに更新され、ほぼリアルタイムで現在の状況を知ることができる。

 全国の計測地点とその放射線量を地図上にマッピング、各地点の詳細情報では、5分ごとの速報値のほか、24時間、直近30日間および直近90日間の平均値をグラフで分かりやすく表示する。計測地点は今後順次追加される予定。また今後は、7月25日に提供を開始した「防災速報」にも対応し、放射線情報についてもメールなどで通知する機能を追加するとのこと。

 International Medcom社のガイガーカウンターInspector Alertを使って計測した値を5分間隔で更新していく。このガイガーカウンターはセシウム137でキャリブレーション(基準を調整)されており、セシウム137のみを検知した場合は310cpm(counts per minute:ガイガーカウンターの計測値)で1マイクロシーベルト/時となる。グラフで掲載されいない時間帯は、計測機器の障害、ネットワーク障害など何らかの事態によりデータが欠落した場合。なおサイトの数値および表現については慶應義塾大学の地球環境スキャニングプロジェクトにより監修されている。

ヤフー、「放射線情報(ベータ版)」提供開始……PC、モバイルでリアルタイム確認可能

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)