リセマム6周年

今夜が見ごろ「ペルセウス座流星群」…ほぼ全国で観測のチャンス

生活・健康 その他

ペルセウス座流星群
  • ペルセウス座流星群
  • ペルセウス座流星群
 ペルセウス座流星群が、本日8月12日の夜から13日の早朝にかけてピークを迎える。ウェザーニュースの24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」では、今夜11時より全国7ヵ所から流星の様子を生中継する「SOLiVEスター ペルセウス座流星群7元中継」を放送予定だ。

 ペルセウス座流星群は、毎年ほぼ安定して多くの流星が出現する「三大流星群」の1つ。年間でも常に1、2を争う流星数を誇り、条件が良ければ1時間あたり30個から場合によっては60個以上の流星が観測されることもあるという。例年7月の下旬から流星が出現しはじめ、8月の中旬になると流星数が増え13日前後に極大日を迎えるという。

 今年は8月13日の午後3時がピークとなるので、観測の条件がもっとも良いのは「12日の深夜から13日の早朝」と「13日の深夜から14日の早朝」。流星が発生するペルセウス座は12日の夜10時頃から北東の夜空に昇ってくるという。

 ウェザーニュースの予報によれば、今夜は「ほぼ全国で流星観測のチャンスあり!」とのこと。だだし前線の動き次第では、観測しづらいエリアが広がってしまう可能性もあるとしている。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)