リセマム6周年

好奇心旺盛な高校生へ、大阪大で物理を学ぶ連続授業

教育・受験 学校・塾・予備校

Saturday Afternoon Physics 2011
  • Saturday Afternoon Physics 2011
  • Saturday Afternoon Physics 2011
  • Saturday Afternoon Physics 2011
  • スケジュールとプログラム
  • スケジュールとプログラム
 大阪大学総合学術博物館湯川記念室では、高校生を対象とした最先端物理学の授業「Saturday Afternoon Physics 2011」を10月15日より開催する。

 同イベントでは、高校生に「最新の自然観を身につけてほしい」という願いのもと、第一線で活躍する研究者による講義をはじめ、さまざまな実験デモ・展示などを通じ、自然の謎を解き明かす物理を探索していくという。

 授業は10月15日から11月19日にかけて、毎週土曜の午後に6週連続で実施予定。宇宙、銀河、恒星、地球、生命、ミクロ、ナノ、分子、原子、素粒子、クォークなど、広大な自然界におけるこれらの世界を6週かけてめぐっていくという。毎回約3時間の授業は、基幹講義と実践講義、コーヒーブレイクタイムの3部構成で行われる。

 参加費は無料で、受講者には修了証書が授与されるという。参加申し込みは、ホームページまたは、メール、ファックスにて受付中。主催者では好奇心旺盛な高校生に参加してほしいとしている。

◆Saturday Afternoon Physics 2011
 土曜午後の物理 –宇宙から極微の世界まで–
開催日:10月15日(土)、22日(土)、29日(土)、11月5日(土)、12日(土)、19日(土)
時間:15:00〜18:00
場所:大阪大学理学部大講義室(豊中キャンパス)他
 ※10月29日は吹田キャンパスの施設見学
対象:高校生(教職員、参加者の保護者のオブザーバー参加も可)
定員:180名
参加費:無料
申込:郵送・FAX・E-mail、またはWebサイトより
締切り:9月24日(土)必着
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)