リセマム6周年

台風15号は9/16奄美から沖縄に接近の恐れ、台風16号も発生…気象庁

生活・健康 その他

気象庁「台風情報」
  • 気象庁「台風情報」
 気象庁予報部の9月15日16時30分発表によると、台風15号はやや発達しながら西北西に進み、16日には奄美地方から沖縄本島地方に接近するおそれがある。

 沖縄地方や九州南部では、今夜以降、断続的に雷を伴った1時間に30〜40ミリの激しい雨が降る見込み。16日は西日本太平洋側や東海地方でも、東から南東斜面を中心に激しい雨が降り、大雨となる見込みで、気象庁では高波に警戒するとともに、強風や、大雨による土砂災害、河川の増水や低地の浸水に注意を呼びかけている。

 また気象庁では16時15分、台風16号の発生を発表した。15日15時、南鳥島近海の北緯22度10分、東経155度10分で熱帯低気圧が台風第16号になり、停滞しているという。今後の進路に注意していただきたい。
《編集部》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)