リセマム6周年

遠く離れた地域でも激しい雨…台風15号の特徴

生活・健康 その他

日本気象協会ウェブサイト内の「日直予報士」コーナー
  • 日本気象協会ウェブサイト内の「日直予報士」コーナー
  • 台風15号の予想進路図
 中部地方を始めとして、豪雨による洪水被害の情報や大規模な避難勧告が出されているが、この豪雨被害の要因となっているのは、秋雨前線を引き連れて四国沖を北上しつつある台風15号だ。

 日本気象協会ウェブサイト内の「日直予報士」コーナーでは、この台風15号についてその特徴を分析している。

 それによると、台風15号には「台風から遠く離れた地域でも激しい雨が降っていること」「のろのろ台風からいっきに足早台風へ」という2点が特徴としてあげられるという。

 まず広範囲にわたる豪雨については、衛星写真から「眼がはっきりした台風は発達している」と指摘、「日本近海にきて、台風の眼がはっきりとしてきたことが分かります」として台風15号の勢力は依然として強まっていると説明する。

 さらに、日本近海の海水温が、台風の発達しやすい条件である28度から29度まで上昇しており「台風は強い勢力を保ったまま太平洋側を北上するため、さらに前線は活動が活発化します。今日は近畿、東海、北陸地方を中心に大雨となり、明日からあさっては近畿、東海、関東、北陸、東北地方で大雨となるでしょう」と予報する。

 また台風のスピードについては、これまでは大陸高気圧の勢力に阻まれて北上が遅く、豪雨をもたらした原因となったが、今後は偏西風に乗り速度を上げていくという。「明日(21日)朝には四国沖に達し、その後、近畿、東海、関東地方に接近または上陸して、あさってには東北地方を通過するでしょう」と予報する。

 予想進路図を見ると四国から東北・北海道にかけて東日本を直撃・縦断するコースをとるとみられており、「動きの速い台風は影響を受ける時間は短くなるものの、急に強まる風に備えが必要となります」「前回の台風12号の時よりも、台風が近づいてきたときの暴風には、より警戒してください」と注意を喚起している。

 今回の豪雨・台風による土砂災害、河川の増水やはん濫、落雷、暴風と、それにともなう交通機関の乱れも予想される。早めの行動で台風対策に臨みたい。

日本列島を縦断・直撃! 台風15号の特徴は?

《編集部@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)